スムージーは材料が大事

美容室利用後の女性class=

グリーンスムージーは豊富な栄養素を手軽に摂取することができる飲料で、その栄養素によって健康・美容効果が得られるアイテムとして人気を集めています。グリーンスムージーには多くのレシピがあるのでレシピの中から飲めそうなものを探す方もいますが、自分が必要としている栄養素を含む材料を選んで使用する方も多くいます。グリーンスムージーを作る時は材料を小さめに切って、柔らかいものからミキサーに入れていきます。しかし葉物の野菜は上の方に乗せないと刃が空回りを起こすので、ほうれん草や小松菜などの葉物は上に乗せる感じで入れます。水の量は多くなるとサラサラとした口当たりのグリーンスムージー、少なめにするとドロドロした口当たりのグリーンスムージーになります。口当たりは好みですが、あまり多く入れ過ぎるとミキサーから溢れるので適切な量の範囲内で水量を加減すると良いです。

グリーンスムージーは野菜や果物がメイン材料だからヘルシーと思われることもありますが、果物には糖質が豊富に含まれています。野菜は種類によりますが、ニンジン・トマト・キャベツ・イモ類などには糖質が多く含まれます。イモ類をグリーンスムージーに使用することは稀ですが、ニンジンはよく用いられると思います。ニンジンにはβカロテンというビタミンAが豊富なので健康と美容に効果的ですが、糖質のことを考えると量を適切にする必要があります。ニンジンは1日半分程度の量を食べるだけで1日分のβカロテンが摂取できるといわれているので、半分くらいを目安に使うと良いです。また、ニンジンや果物など糖類豊富な材料で作ったグリーンスムージーは食事の置き換えとして飲む方が良いとされます。食事をしながら野菜不足改善のために飲む場合は、糖質豊富な材料が少ない又は使用されていないグリーンスムージーを飲む方が健康的です。このように、グリーンスムージーは自分で簡単に作ることができるものなのですが、作ることに関して手間と思っているなら専門業者などを利用するといいでしょう。手軽に飲むことができる商品などを扱っているところが現在ならたくさんあります。